日記

完全なる自己満足の世界。
エンジニアリングってなんだろうと。
今日は1人で考える時間があったので、少し考えてみた。

僕の考えるエンジニアリングとは、欲しいモノを自分で作ることだと思っている。
例えば、僕が作った、yamachaaan/mmfは、 僕がやりたいことが既存のモノでできなかったから作った。
既存のモノで実現可能なら、作る必要は無くて、既存のモノをそのまま使えばいいと思う。
(ライセンスとか、金銭的な部分は今は考えない)
既存のモノで満足できず、その満足できない部分を自分で実現可能なスキルを持っているのが、
エンジニアであると思うし、そうでありたい。
自分で実現可能なスキルを持っていると書いたけど、実現可能になるまで学び続けることが出来る人も
エンジニアと言えるとも考えている。
なぜかと言うと、世の中のエンジニアは全て、最初から実現可能なスキルを持ち合わせていたわけではないからだ。
独学だとしても、本や何かしらの情報源があったはずだ。
(それすらも無かったら、自然発生的にスキルを身につけることになるし、それは天才という限られた人種だと思う。)
だから、学び続けることが出来る人は、全てのエンジニアが通って来た道を辿っていて、その道を最後まで有るき続ければ、
エンジニアとして大成することになると思う。