2016-08-06 再度tmuxをためしてみたで書いた様に、tmuxを使って4日程経過した。
予定では、1週間程度を掛けて.tmux.confを設定して行くつもりだったが、現時点でのtmux.confが完成したので、githubに公開した。
僕は各種設定ファイルをgithubでdotfileとして一括で管理しているので、そこに公開している。
それと同時に、dotfileのversionを0.0.0から1.0.0にバージョンアップした。
使用アプリケーションや設定ファイルはREADMEにまとめた。

今回、tmuxやその他の設定ファイルをgithubに公開して思ったのは、
ぼくのかんがえるさいきょうのせっていファイル
なんてものを公開した所で、かなりの影響力があるエンジニアやアルファブロガーでない限り、誰からも見向きもされない。
しかも公開するのはちょっとした恥ずかしさがある。
しかし、その恥ずかしさと、公開したところで誰も見ることはないだろう。という2つの障壁を超えることで、自分が一つレベルがあがったのではないかと感じた。
少なくとも僕はCUIでgit pushをしているが、ここまでgit pushをするのは今までには無かった。
つまり、gitの知識はついたと思っているし、それぞれの設定ファイルでの作法や、自分がそのツールを使ってなにがしたいのかという事を見つめなおすことができた。
それによってレベルが上がったと感じている。

世間から見れば、僕はエンジニアとしても、人間としてもまだまだレベルが低い。
しかし、1つずつのステップを確実に上がっていけば、レベルは上がっていくと思う。