昨日にも書いたが、京都四条新町にある葱や平吉 ゆるり屋で晩ごはんを食べた話。

まず、昨日は、仕事帰りに京都祇園祭 宵山を観に行った。
僕は京都2年目なので、今回で2回目の祇園祭だった。
去年に比べて人が多く、暑かったのもあって先に晩ご飯を食べることにした。
適当に四条通を歩いている時に見つけたのが、今回の ゆるり屋 だ。
少し待たされたが、2階の座敷に通された。
2階には4卓あって、客は僕の他に1組だけだった。

葱を推しているお店だけあって、玉葱や九条葱の焼き物は味も濃く、甘かった。
野菜を焼いただけでここまで甘くなるものかと驚いた。
しかし、店員さん曰く、葱の旬は冬です。との事なので、また冬に行きたいと思う。

他には、名物と銘打っていた、”円盤餃子”が美味しかった。
円盤餃子は、

  • 酢醤油
  • 黒担々
  • カレーパウダー
  • チリソース
  • 黄身醤油

の5種類のつけダレがついてきた。
僕は黒担々がとカレーパウダーが好きだった。
サイズが小(12個)と大(24個)とあったが、12個にしたのは失敗だった。
24個でもペロリと食べられたと思う。

店員さんの接客も気持ち良く、久しぶりにまた行きたいと思えるお店だった。