今日からBlogをJekyll運用にすることにした。
理由は2つある。

理由1つ目:awsのS3で運用できる

1つ目が最大の理由になるけど、ec2が嫌いになった。
前のBlogはec2にWordPressをインストールして、ちまちま記事を書くようにしていた。
しかし、Contactページを公開した途端、海外鯖経由でDos攻撃を受けてしまい、
非力なec2インスタンス(僕が使っていたのはmicroインスタンス)では鯖落ちしてしまった。
結果、Blogにアクセスが出来ないし、ssh接続でもものすごく遅くてストレスフルだった。
そこで、ec2とWordPressに頼らないBlog運営の方法はないかと調べた結果、Jekyllとaws S3での運営記事を見つけた。
WordPressを使わなくいいので、メンテナンスも楽そうだし手を出した。
デザインも自分で好きにいじれるので、少しずつやっていこうと思う。

理由2つ目:VimとRubyとMarkdownの勉強になる

2つ目はおまけなんだけど、MarkdownでPostを書くとなると、エディタをどうするかが大切になってくる。
僕は、普段の開発なんかにはvimを使っているのでBlogを書く時もVimで書きたいと思っていた。
WordPressでもVimで書けないことはないけど、plugin入れたり色々面倒で先送りにしていた。
しかし、jekyllでBlogを運営するとなると、エディタの制約がなくなり、常々思っていた、”Vimで記事を書く”ということが出来る。
VimでMarkdownを書けばVimを使う時間を増やせるし、その分テキスト処理の習熟度が上がっていくんじゃないかと思う。
また、JekyllはRubyで書かれているので、内部をいじる(多分ないけど)事になったらRubyの勉強にも繋がるんじゃないかと予想している。

まとめ

そんなこんなで、今日からBlogはJekyllを使って運営して行きます。